熊猫トラベル

旅のこと お出かけのこと

MENU

【ソウル】クンキワチッでカンジャンケジャンを堪能(2024.4)

3日目のお昼は、待望のカンジャンケジャンを食べに。本当は眞味(ジンミ)食堂に行きたかったのですが、大人気店ゆえ直前では予約が取れず…

 

妹がホテルのスタッフさんに聞いてくれたのですが、眞味食堂は直接現地に行って待ったとしても売り切れになる可能もあるとのことで、安国のクンキワチッに行くことにしました。安国なら、万が一このお店がダメでもバックアッププランを考えやすいというのも理由の一つでした。

 

クンキワチッ(큰기와집)
住所:ソウル特別市 鐘路区 北村路 20-7
   서울특별시 종로구 북촌로 20-7
NAVER MAP:https://naver.me/5X9DDlb4
★3号線 安国/アングク駅 2番出口 徒歩3分
★予約不可(店舗での順番待ちのみ)
★日本語メニューあり

 

 

クンキワチッは、2023年のゴールデンウィークに一度行こうとしたお店です。この時は大行列で諦めたのですが、今回は前回より行列の具合がずっとマシだったので、大人しく列へ。とは言っても、1時間近く待ったと思います。さすがこちらも人気店!

 

f:id:Ribboninthesky:20240512233203j:image

 

並んでいる間にメニューを渡してもらえて、オーダーも聞いてくれます。私たちはカンジャンケジャン59,000ウォン3人前と、ケジャンピビンバ37,000ウォン1人前をオーダーしました(価格は2024年4月現在)。


f:id:Ribboninthesky:20240512233200j:image

 

テーブルに着くやいなや、ずらりとおかずが出てきます。おかずもどれも上品で良い味付けです。

 

真ん中が空いているのは、この日の主役の蟹たちのため…!わくわくしながら待機!


f:id:Ribboninthesky:20240512233211j:image

 

蟹のお出ましよ〜!!


f:id:Ribboninthesky:20240512233205j:image

 

別角度からも!!


f:id:Ribboninthesky:20240512233208j:image

 

早速自分のお皿にご移動いただきます。この立派なお姿!

 

一口食べると蟹の甘さが口の中に広がり、うっとりして天国まで飛べそうです。何という美味しさ…!待った甲斐があります。蟹味噌も身もどちらも美味しい!

 

蟹の足もたっぷり入っており、これはうまく歯で殻を割りながら身を吸います。私は蟹の食べ方がてんでダメなのですが、夫はどこの国でも「君は蟹を食べる才能がある」と言われるほどなので、夫にやり方を聞いて一生懸命食べました。


f:id:Ribboninthesky:20240512233157j:image

 

海苔にご飯とカニ、蟹味噌を載せて、巻いて一口で。これもたまりません。海苔で巻くのは天才の発明です!

 

ケジャンピビンバは、蟹のむき身と蟹味噌が別添えでやってきました。こちらはエゴマの葉がたっぷり入っており、また普通のカンジャンケジャンとは別の味わいがあります。さっぱりしてこちらも美味しかったです。

 

そうそう、ここは手袋はなく素手でカニを食べるスタイルだったので、洗っても洗ってもしばらくは手から蟹の匂いがしました。ピピンバは混ぜるだけの状態で出てくるので、蟹を触るのが嫌な人はこちらがいいかもしれません。でも私はやっぱりこの身を吸いたいな…

 

帰り際、お会計をしてくれたおじさんが「日本は今連休なんでしょう?また来年の連休にも来てね〜」と優しくお話してくれました。はい、また行きますよ!

 

 

▼3泊4日ソウル旅行 全日程はこちら