熊猫トラベル

旅のこと お出かけのこと

MENU

【青森】八甲田ホテルのお食事と酸ヶ湯温泉のお蕎麦(2024.2)

八甲田ホテルにはフレンチレストランと和食処があり、夕食、朝食共に洋食にするか和食にするかを選べました。特に理由があったわけではありませんが、夕食はフレンチ、朝食は和食で予約をしていました。予約した時間に、館内の「レストラン メドー」に向かいます。

 

 

 

ここに来て壁を眺めると、本当に立派なログハウスだということがよくわかります。シャンデリアも全て木で組まれたものでした。これは食後に撮らせてもらった写真なので誰も映っていませんが、店内に入った時にはほぼ満席だったと思います。家族で来ている人、二人連れの人、そして一人旅の人まで、幅広い年代の方が集っていました。

 

中華系の人たちも数組いて、みんなどうやってここを知って、どうやってここまで来たの…?と驚きました。情報収集をして雪山の中まで来るそのエネルギー、すごいよ!

 

 

お料理は和のエッセンスを少し足した、しかし王道のフレンチでした。鴨のコンフィを使ったミルフィーユに、タラバガニと雪中人参の載ったさつまいもの何か…何だったかな…

 

 

こちらはホタテのフラン。青森のホタテ、とても美味しいです。

 

 

人参のスープと、青森産のヒラメ。ヒラメは皮がパリパリで身がふっくらして、少し使われた海苔が良いアクセントでとっても美味しかったです。

 

 

お肉も青森のもの。ソースは栗でした。フィレだったので重すぎず、こちらもぺろり。

 

 

デザートにはもちろん林檎があしらわれていました。青森のりんご、どこで何を食べても全部美味しい!

 

それにしても、これだけの雪山に囲まれて、市街地から車で1時間近くかかる山の上で、こんなに手の込んだフレンチをいただけるなんて驚きでした。きっと和食も美味しいのでしょう。2泊して、1日目はフレンチ、2日目は和食…という楽しみ方も良さそうだと思いました。

 

食事の後は、午後にアップルパイを食べたバーランウンジへ。バーテンダーの方が丁寧にお酒の説明をしてくれて、こちらもとても良い空間でした!

 

 

 

到着した日は雪が降ったり止んだりで空が暗かったのですが、翌日は快晴。

 

 

ホテルの前の雪原に、小さな足跡がたくさん残っていました。ホテルの方に聞くと「あれはおそらくテンでしょう」とのこと。たまにレストランのバルコニーまで遊びに来てくれることもあるそうです。

 

 

遠くに樹氷も見えました。近くで見たらきっと迫力があるのでしょう。今回は時間の都合でスノーシューハイキングには行けませんでしたが、2泊すれば行ける…!などと夢が膨らみます。死ぬまでに叶えたいことリストにまた1行追加です。

 

 

朝ごはんは和定食にしました。焼鮭をメインに、ピカピカの白米をたくさんいただきました。ご飯茶碗の隣の黄色いものはコンポートのような林檎です。これももちろん美味しい。

 

 

 

チェックアウト後、青森駅まで向かうバスの出発までかなり時間があったので、先に酸ヶ湯温泉に向かい、「鬼面庵」というお蕎麦屋さんで軽くランチをすることに。この日の夜には大変ボリュームのあるディナーを食べる予定があったため、お蕎麦ならコンディション調整に最適だ!と思ったのです(食べることに全力)。

 

 


f:id:Ribboninthesky:20240323161740j:image

f:id:Ribboninthesky:20240323161744j:image

 

頼んだのは鴨南蛮そばとホタテの串焼き。お蕎麦はつなぎを使っていないそうで、その分切れやすいのもののお蕎麦らしい美味しさがしっかり。ホタテの串焼きもとても美味しくて、ちょうど良いお昼ご飯になりました。

 

f:id:Ribboninthesky:20240323182749j:image

 

酸ヶ湯温泉から青森駅行きのバスに乗り、雪山の中を走り抜けて市街地へ。ひたすらこの景色が続いて、それだけでここに来た甲斐があったなと思いました。きっと新緑の季節も美しいに違いありません…また行きたいです。