熊猫トラベル

旅のこと お出かけのこと

MENU

【ソウル】聖水(ソンス)散歩とカムジャタン(2023.10)

長いと思っていた5泊6日も、あっという間に5日目に。ソウルを丸1日楽しめる最後の日だったので、朝起きて聖水(ソンス)に向かいます。ホテルからは電車だと不便だったのでバスにしましたが、安定のハイスピード。私はあのワイルド感が結構好きですが、妹は地下鉄の方が好きだそうです。

 

 

この辺りは元々町工場が多いエリアのようです。町工場の壁にトッキちゃんがいました。速やかにコラボ写真を撮影し、まずは腹ごしらえに向かいます。

 

 

 

オニオン 聖水店(어니언 성수점)
住所:ソウル特別市 城東区 峨嵯山路9キル 8
   서울특별시 성동구 아차산로9길 8
Instagram:http://www.instagram.com/cafe.onion/
NAVER MAP:https://naver.me/Ft8l9wOb

 

安国店はいつも大行列のonion、聖水店です。そんなに早い時間に行ったわけではないのですが、平日だったからか席にはかなり余裕がありました。写真ではなかなか伝わりませんが、パンがかなり大きいので、一人1〜2個が限界じゃないかなあ。

 

 

こちらは古い工場をリノベーションしているのだそうです。ハロウィン前だったからか、カボチャが至るところに飾られていました。

 

 

しょっぱいのと甘いのを一つずつ、妹と分け分けすることに。予想はできていましたが、ココアパウダーでむせたし口の周りも粉まみれに。

 

 

正直に言いますが、お味はまあ普通だと私は思いました。通り過ぎた時に小腹が空いていて、かつ並んでいなければまた入る可能性はあるかもしれない。

 

 

お腹を満たして、向かったのはAMORE聖水です。ここはアモーレパシフィック社が2019年にオープンしたショールームのような空間で、オープン時から気になっていたもののコロナ禍で行けていなかった場所です。

 

★ AMORE Seoungsu(아모레 성수)

 

平日のオープン時間を狙って行ったので、こちらも並ばずすんなり入れました。入るとまず、お会計時に利用できるクーポンなどをいただけます。オリジナルカラーのファンデーション作りやメイクアップレッスンなどは予約必須のようです。

 

早速展示スペースに進むと、手や顔を洗えるコーナーがありました。ここでメイクを落としてからしっかりメイクアップ製品を試すもよし、手だけ洗って軽く試すもよし、ということですね。

 

 

ずらりと並んだコスメたち。日本では見たことのない製品もたくさんあり、見飽きません。

 

 

こちらで買うと街中で買うより少しだけお安かった(気がする)上、クーポンも使えて免税手続きもしてもらえます。特に何か欲しいと思って出かけたわけではないのですが、ついついスキンケア製品やヘアケア製品などなどを買ってしまいました。まんまと罠(?)にはまった感もありますが、アモーレパシフィック社系列の製品を買いたい方にはお勧めです!高級ラインから低価格ラインまで一気に見られるので、比較検討したい場合にも良さそうです。

 

 

トレギちゃんのクッションファンデもありました。トレギちゃん、後ろ姿も可愛いのね。

 

 

 

ソムンナン ソンス カムジャタン(소문난 성수 감자탕)
住所:ソウル特別市 城東区 練武場キル 45
   서울특별시 성동구 연무장길 45
NAVER MAP:https://naver.me/GnGCvn5l

お昼には、ちょうどカナダから同じタイミングで渡韓していたオタク友達のアビーちゃんと待ち合わせ。アビーちゃんに「妹は英語できないけど良いかな?」と聞いたら大丈夫大丈夫!とニコニコしており、妹にも「アビーちゃんは日本語できないけど大丈夫かな?」と聞いたら大丈夫大丈夫!とニコニコしていて、会ってみたら二人で顔を見合わせてハーイ!とニコニコしていたので、コミュニケーションで一番大切なのはやっぱり気持ちだよね…と思いました。

 

 

カムジャタンのお店は人気店のようで、結構並びました。聖水は再開発が進んで新しいお店が多いようなのですが、こちらはいかにも町の食堂!昔からここでやってます!という雰囲気が良い感じです。もし1ヶ月ぐらい滞在できるなら、新しくておしゃれなお店にもきっと行くと思うのですが、数日間しかいられないのであれば、私は迷わずその国らしさの詰まったローカル食堂を選びます。

 

お鍋は人数で自動的にサイズが決まるようです。すごいボリュームに見えましたが、骨付きのお肉なので意外と食べられます。中には一人で食べているツワモノのお客さんもいましたが、流石にお鍋のサイズは多少小さめでした。私たちも締めのご飯までしっかり食べて満足!

 

ちなみに、ここのお店は1人で行くと行列をすっ飛ばしてお一人様専用席に案内してもらえるそうです。もし大行列になっていても、入口で「1人です」と声をかけてみてください。

 

 

アビーちゃんとはこの後一緒に人生4カットを撮ってお別れ。次はいつ会えるだろうか…早くまたコンサートがあると良いね!

 

 

 

腹ごなしに聖水をぶらぶら。フォトジェニックな場所が多くて、写真を撮っている人たちがたくさんいました(他人事感)。

 

 

 

★Point of View(포인트 오브 뷰)

 

ちょっと気になっていた文房具屋さんにも行ってみました。

 


f:id:Ribboninthesky:20231217100457j:image

f:id:Ribboninthesky:20231217100501j:image

 

意外と日本で買えるものも多かったのですが、プレゼンテーションのセンスが良いので購買意欲がそそられます。

 

 

こちらではいくつかお土産を購入。いくつになってもずっと文房具が好き。

 

色々お店は見たものの、結局お買い物はあまりせずにホテルに戻ることに。聖水はお買い物意欲が高い状態で行ったら楽しいのだと思いますが、個人的にはそんなに好みドンピシャという感じのお店はなかったので、次回行くかと言われたら微妙かなあ…