熊猫トラベル

旅のこと お出かけのこと

MENU

【ソウル】GW3泊4日のソウル旅行プランと韓国旅行TIPS(2024.4)

ゴールデンウィークの前半は、3泊4日でソウルに行ってきました。今回は私と夫、妹とその彼氏という大人4人、食べる時だけ集合する「食」が主役の旅行です。

 

ゴールデンウィーク後半にソウルに行かれる方もいらっしゃるかと思い、何かの参考になればと、とりあえず全行程と韓国旅行のTIPSを簡単にまとめておきます。お店の詳細はこの後一つ一つ順番にアップしていく予定です!

 

 

f:id:Ribboninthesky:20240430225937j:image

 

 

1日目(土)

昼:鍾路ハルモニ ソンカルグクス

初日はお昼過ぎに空港に到着予定、夜もしっかり食べる予定でした。消化に良いあっさり系、でも韓国らしいものを…と考え、カルグクスを選択。1食目から大満足でした。

▼カルグクスの詳細はこちら

 

おやつ:美しい茶博物館

妹たちのソウル到着を待つ間に、去年訪問してとても良かったお茶のお店へ。お餅系デザートにも惹かれましたが、次の食事のために(?)パッピンスにしました。

▼美しい茶博物館の詳細はこちら

 

夜:プンチョンチャンオ

夜は妹たちと合流し、今回の旅行のハイライトの一つである、うなぎの炭火焼きを。20分ほど待ちましたが、待ったことを一瞬で忘れる美味しさ!

▼うなぎの詳細はこちら

 

夜食:キョチョンチキン 鍾路1号店

ちょっと食べすぎかと思いつつ、帰りにチキンも食べました。キョチョンチキンは色んなところに店舗のあるチェーン店です。ハーフサイズにしたので、そんなに量はなかった…はず…


f:id:Ribboninthesky:20240501170758j:image

f:id:Ribboninthesky:20240501170755j:image

 

 

2日目(日)

朝:里門ソルロンタン

朝は仁寺洞でソルロンタンを食べ、しっかりエネルギーチャージ。その後一旦解散し、我々はソウル工芸博物館、妹たちはカフェへ。

▼ソルロンタンの詳細はこちら

 

工芸博物館は韓国の工芸品の制作過程などをじっくり見ることができ、かなり見応えがあるので再訪したかったのです。

 

今回は初めて子供博物館の建物も訪れてみたのですが、4階にはソウルの北西を一望できる素敵なカフェがありました。初夏の風に吹かれながら美味しいコーヒーをいただけて、穴場を発見した気分!

 

▼工芸博物館とカフェの詳細はこちら

 

ちなみに、妹たちが行ったカフェはエッグタルトが大変美味しかったそうです。


f:id:Ribboninthesky:20240501171605j:image

f:id:Ribboninthesky:20240501171609j:image

 

たまごの味が優しい、ほんのり甘いカスタードに、外側はブリオッシュのような生地だったそう。美味しそう…

 


f:id:Ribboninthesky:20240501171232j:image

f:id:Ribboninthesky:20240501171253j:image

 

昼:平壌麺屋

お昼は江南に移動し、韓国駐在中の夫の友人と合流。暑かったのでさっぱりと冷麺です。お昼はやはり混んでいましたが、13時半の集合にしたので待ち時間は15分程度でした。

▼平壌麺屋についての以前の記事はこちら

 

おやつ:Etoile

冷麺を食べた後、お散歩がてら狎鴎亭(アックジョン)のマドレーヌ屋さんにも行きました。

その後、妹たちとはいったんここで別れ、夫の友人と一緒に3人で漢南洞(ハンナムドン)の辺りまで移動。

 

お茶:Astier de Villatte

▼Etoileとアスティエの詳細はこちら

 

夫の友人と別れた後、我々夫婦だけでリウム美術館へ。現代アートは我々には難解すぎ、「これは一体何を表現しているのだろうか…」となったりしました。ミュージアムショップにも魅力的なものばかり並んでいて、ついあれこれ欲しくなってしまいます。

 

夜:元祖ウォンハルメ ソムンナン タッカンマリ

再び妹たちと集合し、日曜夜の少し遅めの時間なら、タッカンマリ通りもそこまで混まないのでは?という狙いでこの日の夜はタッカンマリに。今回は前回と違うお店に行ってみました。結果、大正解。

 

夜食:晋州ユッケ 3号店

タッカンマリを食べた後、まだ少しお腹に余裕がある気がして、せっかくなのでユッケを食べに行くことに。ミシュラン掲載のプチョンユッケはすでに閉店済みだったので、遅くまでやっていそうな店舗の中で、評価が高かったこちらへ。

▼タッカンマリからユッケのハシゴ、おすすめです!

 

 

3日目(月)

朝:広蔵市場

週末は大混雑の広蔵市場も、月曜の朝ならそこまでではないのでは…という期待を込めて、市場はこの日に行くことに。10時前ぐらいの少し遅めの時間だったこともあり、狙い通り快適に朝ごはんを食べられました。

▼広蔵市場の詳細はこちら

 

昼:クンキワチッ

実はこの後の動線を考え、本当は5号線エオゲ駅の真味食堂でカンジャンケジャンを食べたいと思っていました。しかし超人気店であるここは直前では予約が取れず、今回は去年断念した安国のクンキワチッに行くことに。

 

クンキワチッももちろん混んでおり、1時間近く待ったと思います。しかしその価値は十二分にありました。カンジャンケジャン、うっとりするような濃厚な美味しさ!

▼カンジャンケジャンの詳細はこちら

 

お昼を食べてから、汝矣島(ヨイド)のデパート、「ザ・ヒュンダイ・ソウル」へ。


f:id:Ribboninthesky:20240501001425j:image

f:id:Ribboninthesky:20240501001422j:image

 

確かにすごい建物だったのですが、考えてみれば特に欲しいものがあるわけでもなく、お茶だけして早めに晩御飯を食べに行くことに。韓国のおしゃれブランドがたくさん入っているので、まとめて一気にお買い物したいと思っている人には良さそうです。

 

夜:クッタン

絶対に再訪したかった大人気店クッタンは、週末より平日に行こうと最初から決めていました。そのため、全日程の中で一番最初に決めたのがこの日の晩御飯です。夜にお肉を食べるなら、お昼はあまり重すぎないほうが良いと思い、お昼をカンジャンケジャンにしたのです。

 

▼今回の訪問についてはこちら

▼クッタンについての以前の記事はこちら

 

おやつ:楽園駅

一度ホテルに戻ったものの、コーヒーが飲みたくなって益善洞(イクソンドン)のカフェへ。早めに食事を終えていたのでデザートもいける気がして、美味しいチョコレートケーキもいただきました。

▼カフェの詳細はこちら

 

 

4日目(火)

朝:トゥッペギチッ

いよいよ最後の朝、そろそろ食べ疲れてくる頃かと思い、この日の朝ごはんはチゲとピビンバの定食。

▼朝ごはんの詳細はこちら

 

少し早めの便で帰る妹達とはここでお別れし、私達はお散歩がてら広蔵市場へ。フルーツジュースを買って、おやつにピンデトッも買ってホテルでいただく!

 

昼:コッ・パベビダ

最後のご飯は、オーガニック食材を使った韓国料理のお店をチョイス。体に優しくて、ホッとするお料理です。

 

席はCATCH TABLEという韓国の予約サイトで事前に予約できました。韓国の電話番号がなくても、アドレスの登録のみで使えたので日本から予約する方にも便利だと思います。韓国語、英語のみのサイトですが、日本の予約サイトと同じような操作でわかりやすいです。

 

お茶:韓屋チャッチッ

お昼ご飯の後、少し時間があったので仁寺洞の韓屋カフェへ。最後までしっかり満喫しました!

 

▼コッパべピダと韓屋茶室の詳細はこちら

 

f:id:Ribboninthesky:20240518020027j:image

また来るね〜

 

 

その他韓国旅行のTIPS

仁川空港からのA'REXチケット

A'REXのチケットは到着してから券売機で買っても良いのですが、個人的にはKKdayKlookで事前にバウチャーを購入しておくのがお勧めです。

【事前にバウチャーを購入するメリット】
①券売機で並ばずに済む
公式ホームページから、乗りたい電車を事前予約できる
 ※2名以上の場合、並びの席を予約できる
③チケット料金が3割程度安くなる

到着日や時刻にもよりますが、タイミングによっては券売機で購入するのにも結構並びます。また、ハイシーズンだと次の便が満席…というケースもあるので、事前に列車と座席を指定できるのはかなり安心です。

 

また、2名以上で行く場合、券売機で直前購入すると席が離れてしまうこともよくありますが、事前に予約をしておけば、ちゃんと自分で席を選んで隣り合う席を予約できます。

 

割引は日本円で250円程度ですが、往復でコーヒー代ぐらいにはなりますね。

 

WOWPASS

WOWPASSはなくても何とでもなりますが、あれば便利です。私はもっぱら両替用に使っていますが、日本円をチャージしてウォンを引き出すこともできますし、チャージしたお金をデビットカードのように使うこともできます。交通カードとしての機能もあるので、T-moneyカードを買わずにこちらで代用してしまうのも一つだと思います。

 

逆に、既にT-moneyカードも持っていて移動はそれでOK、決済はほぼクレジットカードなので少額の現金があればOK…という方の場合、それほどメリットは感じないかもしれません。

WOWPASSの紹介コードも置いておきます!良かったらお使いください。

招待コード: NHN6CUWG
特典: 日本円・USドル等の外貨でWOWPASS にチャージすると、<両替キャッシュバック> 0.5%が残高にすぐに還元されます(最大5,000ウォン)
公式サイト:https://www.wowpass.io/

現金はどれぐらい必要か

韓国は日本と違い、キャッシュレス化が非常に進んでいる国です。滞在中一度も現金を触らなかった…ということもあるぐらいですが、中には現金のみ、あるいは韓国発行のクレジットカードのみ対応可能というお店もあります。

 

例えば今回の3泊4日で言うと、現金で支払ったのは1日目のお昼のカルグクスと、広蔵市場の屋台や小さな商店のみでした(市場の屋台であっても、中にはカードが使えるお店もあります)。使ったのはそれぞれ20,000〜30,000ウォン程度だったので、よほどローカルなお店や市場でたくさんお金を使う予定がない限り、現金はあまり持っていなくても大丈夫だと思います。

 

入れておくと便利なアプリ

個人的にはアプリをあまり増やしたくない派なのですが、これだけあると安心、というものを挙げておきます。

 

Googleが弱いと言われる韓国ですが、少なくともソウルにいる分には、地図の確認だけならGoogleMapのみでもそれほど不便は感じません。乗換案内やお店の営業時間などはNEVER MAPの方が圧倒的に正確なので、併用すると安心ですね。

 

カカオタクシー

タクシーでの移動が発生する場合には、入れておくと便利です。海外発行のクレジットカードも使用可能で、事前に登録しておけば現地では目的地を韓国語で入力するだけで使えます。支払いがアプリ内で完結するのも安心です。使い方は日本のタクシーアプリと似ておりそれほど難しくありませんが、心配な方は事前に使い方を調べておくと良いと思います。

 

Papago

翻訳アプリはPapagoが優秀です。写真を撮れば画像ごと翻訳してくれる機能もあるので、韓国語の案内やメニューしかないお店でも活躍してくれます。

 

仁川スマートパス

これは私もまだ登録しただけで、実際に使用したことはないのですが、事前に登録しておけば顔認証だけで仁川空港の出国審査が完了するというアプリです。登録がちょっと面倒ですが、仁川空港の出国も日によっては大変混雑することがあるので、事前に登録しておくと役に立つかもしれません。

 

 

ホテル情報

アクセスの良さから、今回も鍾路3街(チョンノサムガ)周辺に滞在しました。徒歩移動でもあちこちに行きやすく、地下鉄も3線利用できるので便利です。

 

▼ホテルの詳細はこちら

 

 

取り急ぎ、こんなところでしょうか。また思いついたら加筆しておきます!これから韓国に行かれる皆様も、安全に気をつけてよいご旅行を★