熊猫トラベル

旅のこと お出かけのこと

MENU

【釜山】釜田市場の行列ができるキンパ屋さん「명란김밥」(2024.6)

3日目の朝は、ホテルからすぐ近くの釜田市場へ。ここに行列のできる美味しいキンパ屋さんがあると聞いており、行ってみたかったのです。

 

 

 

f:id:Ribboninthesky:20240702000354j:image

釜田市場は、チャガルチ市場と違って観光地感がありません。地元の人たちが日々の買い物に来る昔ながらの市場という雰囲気なのですが、とにかく非常に広い!思っていた以上に広く、道も入り組んでいるので、適当に道を曲がっていると帰り道がわからなくなりそうです。


f:id:Ribboninthesky:20240702000019j:image

f:id:Ribboninthesky:20240702000030j:image

野菜や鮮魚、お肉はもちろん、乾物や干物のお店もたくさんありました。練り物のお店もあって、朝から店内で飲食できるようでした。友人にえごまパウダーを頼まれていたことを思い出し、ついでに自分の分も購入。体に良さそう。

 

しっかりした大きなお豆腐!

 

手前にあるのはセウジョッ(アミエビの塩辛)ですね。これ、美味しいんですよね…焼いたお肉につけても、クッパに入れても美味しい。持って帰りたいところでしたが、今回は手荷物のみで帰りたかったので断念。

 

 

たくさんのお店を眺めながら、ようやくお目当てのキンパ屋さんへ。

ミョンランキンパ(명란김밥)
住所:釜山広域市 釜山鎮区 釜田洞 573-3 
   부산광역시 부산진구 부전동 573-3 
NAVER MAP:https://naver.me/FLhsaFE4
★1号線 釜田/プジョン駅 1番出口 徒歩2分

私たちは西面方向から歩いて行きましたが、ここを目指していく場合、釜田駅から行く方がわかりやすいと思います。1番出口を出て、市場の入口を入ってすぐのところにあります。

 

f:id:Ribboninthesky:20240702001631j:image

週末はアトラクションのように大行列になると聞いていたので月曜に行ってみたのですが、これが大正解。ほぼ並ぶことなく、すぐに注文できました。

 

普通のキンパは2,500ウォン、明太キンパは3,500ウォンです。一番下はトンカツキンパですね。我々は店名にもなっている明太キンパと、ツナキンパを1本ずつ頼みました。


f:id:Ribboninthesky:20240702000025j:image

待っている間にも、どんどんキンパが製造されて行きます。

 

そう…一見するとあまり並んでおらず、すぐに渡してもらえるかも!と思いきや、せっせと作られたキンパは、次々と大きな袋に放り込まれていくではありませんか。これはおそらく、電話か何かで大量にオーダーした人がいるな…?

 

そう思っていたら、その後ご近所のお店の人と思しきアジョシ(おじさん)が登場。ずっしり重そうな袋をぶら下げて去っていかれました。我々の前に並んでいた人たちも、みなさん結構な本数を持ち帰っておられましたよ。

 

f:id:Ribboninthesky:20240702001506j:image

こんな感じで、5〜6人のスタッフの方が目まぐるしいスピードでキンパを巻いてくれます。

 

巻き上がったキンパはレジの前のテーブルに移し、刷毛でごま油を塗ってアルミホイルで包むようです。皆さん驚くほど手際がよく、繁盛店ならではの活気がありました。

 

f:id:Ribboninthesky:20240702001844j:image

2本で6,500ウォン。実にお手頃価格ですが、渡されてその重みにびっくり。ずっしりと重たいキンパをぶら下げ、いそいそとホテルに戻ります!

 

f:id:Ribboninthesky:20240702184936j:image

全然美味しそうに見えない写真で辛い…美味しかったのに。見ての通りご飯はごく薄く、具がぎっしり入っています。直径は日本の太巻きよりもさらに太くて、しかも全長は確実に20センチ以上。すごいボリュームです。


f:id:Ribboninthesky:20240702001719j:image

どちらも味付けはあっさりめ。パクパクと食べられます。明太子もそんなに主張が強くなくて、あくまで具の一つという感じでした。1本食べたらお腹いっぱいになるぐらいボリュームがあって、しかもこんなにお手頃価格で、大行列になるのも納得。近所にこんなお店があったら良いのにな…